ワークライフバランス実現のための生産性アップとは|大阪・兵庫の中小企業のご相談対応中

ブログ

大野輝雄です。

(株式会社アクションパートナーズ、採用定着士、社会保険労務士)

 

「ワークライフバランスの実現に向けて何をすればいいのか分からない」

「若手社員から残業をもっと減らしてほしいと言われた」

 

などとお悩みの大阪・兵庫の中小企業経営者さまに向けて、今回はワークライフバランスと生産性アップについてご紹介します。

 

近年、働き方改革や働くことへの意識変化から「ワークライフバランス」を重視する声が多く挙がっています。そこで今回は、ワークライフバランスとは一体何なのか?生産性アップが密接につながっている理由とは?について解説します。

社員の働きがいを創造しながら企業収益も維持したいとお考えの大阪・兵庫の中小企業経営者さまは、ぜひご覧ください。

 

■ワークライフバランスとは?

まずは、ワークライフバランスについてご説明します。

 

1.ワークライフバランスとは

ワークライフバランスとは、育児や仕事・趣味・学習・休養などの「仕事以外の生活(プライベート)」と「仕事」の調和をとることができ、その両方を充実させた状態のことを指します。

内閣府が掲示している「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章(※1)」には、「『就労による経済的自立ができること』『健康で豊かな生活のための時間が確保できること』『多様な働き方・生き方が選択できること』の3つを兼ね備えた社会」だとされています。

 

2.ワークライフバランス提唱の背景

「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章(※1)」によると、「我が国の社会は、人々の働き方に関する意識や環境が社会経済構造の変化に必ずしも適応しきれず、仕事と生活が両立しにくい現実に直面している」とされています。

これらの背景を基に「働き方改革」が推進され、あらゆる関連法が施行される中で「ワークライフバランス」もひとつのキーワードとしてピックアップされるようになってきました。

 

3.ワークライフバランス実現に向けて中小企業に求められていること

「プライベートを充実=仕事はしなくていい」といったことではありません。上述したように「仕事も充実させる」といったバランスの良い状態が理想的です。

仕事と生活のバランスを保つために、大企業や中小企業に対して国から「働き方改革」が求められています。実際に、残業や休日出勤を見直す企業やリモートワークなど多様な働き方を取り入れる企業も増えてきました。

その一方、企業存続の観点から売上や信頼や品質を落とすことはできません。「働き方改革に伴い、今回の納品は間に合いません」などと取引先に伝えることはできないでしょう。

つまり、中小企業には働き方の是正と共にこれまでのパフォーマンスを維持(時には向上)させることが求められているのです。

 

4.ワークライフバランスを実現させることのメリット

ワークライフバランスが実現すると、自己実現につなげることができます。自己実現とはマズローの五大欲求のひとつとして提唱されているもので、「自分らしく生きることができる」状態を指します。

プライベートが充実することで仕事のやる気につながることもメリットです。また、時間ができることでスキルアップや副業に費やすことができ、個々人の経済的なゆとりが生まれることも期待できます。つまり、ワークライフバランスの実現は、一人ひとりの人生充実につながると言えるでしょう。

 

■ワークライフバランスと生産性アップの関係性

ワークライフバランスは生産性アップと密接につながっているとも言われます。関係性について解説します。

 

1.ワークライフバランスの実現には生産性アップが欠かせない

ワークライフバランスは、仕事と私生活の両方を充実させることがポイントだと上述しました。つまり、企業収益を確保しながら労働時間を減らす必要があります。そのためには生産性アップが欠かせません。

 

2.労働時間が短いほど生産性が高い

国際的な調査(※2)では、労働時間が短い国ほど労働生産性が高いといった研究結果があります。しかし、何の施策もなく労働時間だけを短くしてもいきなり生産性アップにはつながりにくいでしょう。「どのようにしたらワークライフバランスが実現できるか?」を考え、取り組むことが重要です。

 

3.ワークライフバランス実現と生産性アップをあわせて考える

ワークライフバランスを実現させようと思ったときに出てくる施策のひとつが、生産性アップです。ワークライフバランス実現のための生産性アップの具体的方法は、各企業によって異なります。

まずは社内の現状を洗い出し、実情を知るところから始めるといいでしょう。

 

 

■ワークライフバランス実現のための取り組み

ワークライフバランスが注目されている今、大企業をはじめとして中長企業でも様々な取り組みがなされています。リモートワークの導入やフレックスタイム制・週休3日制など自由度の高い働き方や、副業の是認や資格取得制度などによる自立支援など、自己実現を目指す取り組みが各企業で行われています。

 

私生活の充実を目指すと共に重要なのが「企業収益の維持」です。

そのためには生産性アップは不可欠です。生産性アップのためにできる取り組みは、実際色々あります。当社でもサポートできることがありますので、ご興味ある大阪・兵庫の中小企業経営者さまは、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

参考になれば幸いです。

またこのような情報をお届けいたします。

 

[参考]

※1 「仕事と生活の調和」推進サイト

※2 「働き方の変化と経済・国民生活への影響」

タイトルとURLをコピーしました